開業の準備をしています

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お仕事をいただけそうな感じなので、フリーランスで働くことについて色々調べています。
扶養範囲内で仕事する感じになりそうなのですが、金額がどのくらいならどうしたほうがいいとか変わってくるみたいです。
よく聞く103万の壁。130万の壁。
103万は、給与取得で扶養を受けている場合なので該当しないとのこと。
給与取得の方は65万の給与所得控除というのがついてきてその金額になっているので、
本当は103-65万の38万を超える人は所得税の対象になってきて、確定申告にいかないといけないんですね。

38万です。
少ないですね。
それ以上働くと税金が発生します。

それ以上稼げる見込があるなら開業届を出して、青色申告で複式簿記で帳簿を提出すると給与取得と同じく65万控除が受けられ、103万までは税金は発生しないことになります。

ちなみに、130万円(月収11万くらい)は保険料とかを自分で払わないといけないボーダーライン。
これを超えると国民健康保険料と国民年金保険料がかかり、しばらく(150万くらいまで)実収入が見合わない金額になっちゃいますね。
それを超えるのであればがんがん稼いで自分で保険料も収めて行ったほうがいいようです。
微妙なラインの方は、セーブするか諦めるかで働いたほうがよさそうです。

青色申告で複式簿記というのがハードルが高いイメージです。。

複式簿記がよくわからないのですが、会計ソフトを使えば家計簿を使う感覚で、複式簿記が出来上がるらしいので、会計ソフトの導入を考えた方がよさそうですね。
今はスマホでもPCでもどっちでも使えるクラウド型会計ソフトなどが便利ですね。

全自動のクラウド会計ソフト



スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする