テレビ生活を快適にするNasne(ナスネ)とTorne(トルネ)。我が家の構築環境

スポンサーリンク

スポンサーリンク

テレビはレグザを持っていたので、録画はできていたんですが2個連続でHDDが壊れました。
HDD側が悪いのか、はたまたテレビが悪いのかよくわからないですが
録画はしたもののHDDが壊れて見れなくなるかもという状況になれてしまっていました。

とはいえ、ちゃんと見たいもんは見たい!w

HDDレコーダーの購入を検討していた時、トルネとナスネの存在を知りました。

TorneとNasne

Torne(トルネ)もしくは、Nasne(ナスネ)とPS3/4があればレコーダーになるのです。
しかもやっぱりソニー製。インターフェイスがすばらしい♪
操作感がきもちいいですよ。
専用のリモコン(別売り)も買えばもう録画用機器として最高です。

TorneとNasneの違い

トルネとナスネの違いは、
トルネは地デジのみ。価格帯もお手頃
ナスネはBS/CSに対応。価格は上がるけど専用ハードディスクが付属。

うちはせっかく住んでるマンションにBS/CSが付いてるのでNasneにしました。

TorneとNasneを選ぶメリット

  • iphoneなどのスマホのアプリから録画予約ができること(もちろん設定すれば自宅外からも)
  • スマホアプリからのテレビ番組の検索もさくさくできる。
  • テレビ王国などのウェブサイトからも予約ができるので、仕事中にふと思い立って録画予約することもできる。
  • トルネ/ナスネユーザーがそれなりにいるのでトルネ独自のランキングで人気のTV番組を取り逃がさないこと。
    (これが楽しいんですよね。)

TorneとNasneのデメリット

デメリットとしては、

  • PS3/4が調子が悪いと使えなくなる(Torneのみ)
  • 家電量販店などの設置サポートはおそらくないので、設置に知識が多少必要。

なんかが挙げられますね。

1000件までしか録画ができないということもあるようです。
コマメにチェックして消すようにしないといけないですね。
スマホからも録画した番組のチェックができるので、消し忘れなどはさくっとできますよ。

PS3/4を持っている人は特にオススメです。
録画機器を検討中の方は候補にいれてみてください。

Torne/Nasneの購入

nasne 1TBモデル
価格:21859円(税込、送料無料)

※こちらはPlaystation4用です。ご注意くださいね。

Nasneをもっと使いこなす。

NasneはPS3やPS4がなくてもスマホがあれば見ることができます。
自宅にwifi環境が整っていることが前提ですが、
一応NASといってネットワークを介してアクセスできるハードディスクなので、DLNAというのに対応したアプリケーションがあればwindowsなどのPCでも見ることができます。
(例えばVAIOPCを購入した方には、VAIO TV with nasneという無料でダウンロードできるアプリケーションがあります。
【2013年のvaioなので最近購入された方はこの特典はないのかしら。VAIO、SONYから分離しましたもんね・・。】
他には、DiXiM Digital TV plus for I-O DATAこちらはI-OデータのNASを買うと無料でダウンロードできるシリアルがついてきます。他には有料で3000円程度のソフトウェアも。)
テレビ王国というブラウザで見れる番組表から録画予約することもできます。
普通のHDDレコーダーではちょっとできないことですよね。

我が家の構築環境

うちは、中古で買ったipad2がテレビ機器になっています♪
どこにでも持ち運べていい感じです。
余談ですが、amazonビデオもipad2でみることが多いのでうちの息子はipadはテレビだと思っていますw
iphone、ipadで見る際には有料のアプリが必要ですが、それぞれ購入が必要というわけではなく一つ購入すれば、「購入情報の復元」というメニューでどちらもで使えるので眠っているiphoneがあればそれでも使えますのでご安心を!

Nasneとってもオススメです!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする