部屋に置きたい観葉植物、ウンベラータとサスティ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

子どもが少し大きくなり、注意したら守れるくらいになったので
念願の観葉植物を買いました。

どの観葉植物を買うか。

できれば大きなものがいいな。
と、思いながら過ごしていて気になった、
あちこちのオシャレなカフェなどでよく見かける大きな木。
「ウンベラータ」
大きなものは調べると2万くらいするようでしたT_T

ちょっと手がでないので、その育て方について調べると意外と丈夫で育てやすいということがわかったので、
小さな苗木を買って育てることに!

いつか鉢は変えるとして鉢にはこだわらずコンディションの良さそうなものを販売しているところを探して購入しました。

ウンベラータの育て方

ウンベラータはゴムの木の仲間で寒さに弱いので、日当たりの良い場所においてあげます。
夏はベランダに出すとどんどん大きくなりますが、直射日光の当たるところはさけたほうがよいそうです。
水やりのタイミングも1週間に一度くらいで「カラカラにならない程度」でOKらしいです。
夏(5~9月)はぐんぐん育ち、土も乾きがちなので2日に1回は水をあげましょう。葉にも霧吹きなどで水を上げます。

大きく育てるには、夏は外に出してチッソの多い肥料を与えるといいようなのですが、
そうすると水やりのタイミングと虫がどうなのかな?と思い、窓際の日がよく当たるところに置いています。
それでも、あっという間に大きくなってきました。1年で20センチくらいのびるようですね。

水やりのタイミング

最初のうちは、水やりのタイミングがさっぱりわからないのでここは文明の利器に頼ることに。
おもしろい商品があるんですね。

名前は「サスティ」

水がなくなると色が薄くなって水やりのタイミングを教えてくれます。
観葉植物をいつも枯らしてしまう方には特にオススメですよ!

肥料は今や100円ショップでも買えるのですが、チッソが多いものというのは流石になかったです。
よく聞く、「ハイポネックス」という肥料を購入。

剪定をしてあげたほうがいいのかなぁ??と悩んでいたところ、「サスティ」を購入したお店で「植物に関するご相談承ります」とあったので相談してみると
剪定は葉をしげしげとさせたいときにするのはいいですが、大きくさせたい時にはしないほうがいいと
率直におしえていただきました!
こういうサービスはとっても嬉しいですね。

まだまだ、お店やさんの素敵な木には届かないですが
2度めの植え替えをしました。
まだまだ大きく育てたいなぁと思います。

成長の記録

IMG_3362

IMG_3361

IMG_3360

購入したもの

ウンベラータ

とてもコンディションのいいものが送られてきて良かったです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

鉢・プランターで育てる観葉植物の土 6リットル
価格:864円(税込、送料別) (2016/7/22時点)

1,2回めの植え替え鉢は6号鉢と7号鉢を100円ショップで。

受け皿も忘れずに。

そしてサスティ

その後

夏の始まり、葉がどんどん黄色くなり葉っぱも落ちてしまい失敗したかなーとしょんぼりしていたところ
新しい葉っぱがどんどん出てきました。
大きくなる準備をしていたんですね。

自分で大きく育てると愛着がわきますね。
ウンベラータ、ぜひ小ぶりのサイズで大きいサイズを目指しましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする